こいぬ書房

気になる出版物を紹介する、新刊書籍紹介tumblrです。管理人kの偏った選書でお届け。出版・書店業界のニュースをクリップしたりも。月別の新刊は最下部にある「アーカイブ」をご覧ください。

twitter.com/koinubooks:

    Amazon.co.jp: コミティア30thクロニクル 第2集: コミティア実行委員会

オリジナルコミック同人誌即売会としてその特異な存在をプロ・アマ漫画界に示してきたコミティアも今年で30周年。それを記念して3冊1900ページにも及ぶ読み応え十分の作品集を刊行。プロ第一線で活躍する作家、同人誌ならではの自由な実験作、伝説の傑作・名作を網羅。■クロニクル第2集ラインナップ 水あさと[ミルメークオレンジ] 今井哲也[杉並デルポイスタジオ] カヅホ[腹痛ダイナー] A-10[ガジェット工房]田中相[誰がそれを] 今石洋之[インクボトル] サトウナンキ + きづきあきら[GRAIL] 西村ツチカ[元町海岸通り]panpanya[panpanya] ONE[超合金黒光]こーわ[Ko-wa’s Inn] 八木ナガハル[人類圏] 粟岳高弘[あわたけ]ハトポポコ[インターホン] 三島芳治[つゆくさ] OUNO[パーセンテージ] 木野陽[辺境屋]ふかさくえみ[すこやかペンギン]西沢一岐[青空倶楽部] 舞村そうじ[RIMLAND] 今純子[シャザーン] 大沖[ダイオキシン]高野雀[chapter22] ココノツ[notch]

    Amazon.co.jp: コミティア30thクロニクル 第2集: コミティア実行委員会

    オリジナルコミック同人誌即売会としてその特異な存在をプロ・アマ漫画界に示してきたコミティアも今年で30周年。それを記念して3冊1900ページにも及ぶ読み応え十分の作品集を刊行。プロ第一線で活躍する作家、同人誌ならではの自由な実験作、伝説の傑作・名作を網羅。

    ■クロニクル第2集ラインナップ

    水あさと[ミルメークオレンジ] 今井哲也[杉並デルポイスタジオ] カヅホ[腹痛ダイナー] A-10[ガジェット工房]田中相[誰がそれを] 今石洋之[インクボトル] サトウナンキ + きづきあきら[GRAIL] 西村ツチカ[元町海岸通り]panpanya[panpanya] ONE[超合金黒光]こーわ[Ko-wa’s Inn] 八木ナガハル[人類圏] 粟岳高弘[あわたけ]ハトポポコ[インターホン] 三島芳治[つゆくさ] OUNO[パーセンテージ] 木野陽[辺境屋]ふかさくえみ[すこやかペンギン]西沢一岐[青空倶楽部] 舞村そうじ[RIMLAND] 今純子[シャザーン] 大沖[ダイオキシン]高野雀[chapter22] ココノツ[notch]

    — 11時間前・リアクション4件

    wikihow:

    Give a new meaning to being hooked on books!

    DIY Book Earrings.

    Customize the cover with you or your friend’s favorite series (Harry Potter, The Hunger Games, Game of Thrones, etc.) and fill the pages!

    (carrot-ropeから)

    — 13時間前・リアクション1856件
    " 本書は日本製紙石巻工場が2011年3月11日に被災し、巨大津波に呑まれ、完全に機能停止となってからごく短期間で奇跡的復帰を果たすまでのノンフィクションである。
     石巻工場の「8号」とよばれる抄紙機(しょうしき)は、単行本や文庫本の本文紙を作る。日本製紙はこの「8号」を、まず半年後に稼働させることを決める。
     いくら出版社と紙を供給しつづけると約束したからといって、不可能だ。石巻ではないけれど、抄紙機は見学したことがある。とにかく巨大なのだ。機械の端から端まで、遠すぎてかすんでしまうほどの距離があった。そこが塩水を被り、さらに瓦礫と泥でいっぱいになって、遺体だってあって。電気も水道も通っていないところを、社員たちが、彼らとて被災者なのに、ひたすら手で泥を掻き出すところから始まるのだ。力を合わせ、実現に近づけていく。切れの良い文章に引き込まれ、無理はまさかになり、ひょっとしてと思ううちに、信じられない奇跡まで、息つく間もなく連れていかれる。
     本書でも触れられているように、出版業界は収縮傾向にある。本は以前ほど売れない。それなのにまず8号を動かすことに力を尽くしてくださったことは、忘れまい。本を書き読み、愛する者は。"
    — 20時間前・リアクション4件
    #書評 
    "「奈落に堕ちる覚悟でつくらなければ、観客はついて来えへん」。こう言い放った高田は、その後、「極道の妻たち」を手がけ稀代の脚本家になる。奈落を覗いた者の宿命か、近年は数々のトラブルに見舞われるが悲壮感はない。奈落の底を恐れずつくられた映画を分析した本書が面白くないわけがない。"
    — 21時間前・リアクション7件
    #書評 
    "作品と向きあうべき自分とは、実は情報の積み重ねに他ならない。感情や感動もまた、自己の中の理論だとか体験を経由して、相対的に生み出される。だから、芸術の深淵をうかがおうとしても、自分以上のものを見て取るのはむずかしい。その代わりこちらが勉強を続ければ、奥行きのある作品はきっとそれに応えてくれる。"
    — 21時間前・リアクション5件
    "ほしいものを手に入れるためには、まるで超新星なみの爆発力を発揮する"
    — 21時間前・リアクション5件
    (d design travel 福岡|恵文社一乗寺店)

ナガオカケンメイ率いる「D&DEPARTMENT PROJECT」が提案する、デザインの目線を持った観光ガイド”d design travel”。土地の人による、その土地らしい、その土地ならではのメッセージがあること。お手頃価格で利用でき、なおかつデザインに工夫があること。 これら条件を満たす対象を選定し、都道府県ごと1冊にまとめて紹介していきます。通巻13号目となる今号は「福岡」をピックアップ。同地でのデザインの先 駆「NIC(ニック)」の活動、ローカルマガジン「雲のうえ」、陶器メーカー「TOTO株式会社」などを丁寧に取材。自分が本当だと信じることを追求し続 ける「のぼせもん」の気概を大切にする県民性がよく伝わります。恒例のご当地パンフのおまけは「太宰府自慢」です。

    (d design travel 福岡|恵文社一乗寺店)

    ナガオカケンメイ率いる「D&DEPARTMENT PROJECT」が提案する、デザインの目線を持った観光ガイド”d design travel”。土地の人による、その土地らしい、その土地ならではのメッセージがあること。お手頃価格で利用でき、なおかつデザインに工夫があること。 これら条件を満たす対象を選定し、都道府県ごと1冊にまとめて紹介していきます。通巻13号目となる今号は「福岡」をピックアップ。同地でのデザインの先 駆「NIC(ニック)」の活動、ローカルマガジン「雲のうえ」、陶器メーカー「TOTO株式会社」などを丁寧に取材。自分が本当だと信じることを追求し続 ける「のぼせもん」の気概を大切にする県民性がよく伝わります。恒例のご当地パンフのおまけは「太宰府自慢」です。

    — 1日前・リアクション11件
    #福岡